佐々木朗希審判問題、なんか白熱してるらしいね


佐々木朗希と審判の問題点は、平成とか昭和の問題じゃないんですよ。


偶然佐々木朗希だったのを、「佐々木朗希を狙って有名人になろうという審判の魂胆」なんて妄想ね。


それを芸人とかが安易にしてしまうことです。


佐々木朗希のファンは、当然ながら審判擁護を許せない。


佐々木朗希が完全試合を達成して有名人になっていたとしても、そうでないとしても、同じジャッジを下したと思います。


「佐々木朗希、天狗になってんじゃねえよ」とかも違うでしょう。


審判は、あくまで注意しにいったんです。ただ、審判の注意でフォームが乱れることにもなりかねないわけで、佐々木朗希のファンとして、球審の支持勢力が少ないことをいいことに、同じ論調を広めているだけなのです。


本来であれば、それで終わりなのに、「球審はもっと冷静になって」と佐々木朗希を擁護する。


ここは中立でしょうね。


佐々木朗希に問題がある派

球審に問題がある派

どちらも問題ない派

どちらも問題がある派

次回はないように派

中立派


に分かれているんです。


僕は、中立です。解説役になります。


佐々木朗希の試合は用事があって見てません。

ですから、流れがわからないのです。

僕は、佐々木朗希に注目していますが、審判が昭和の審判とか言われているのが気にくわないです。


昭和とか平成とか関係ありますか、今。擁護のつもりで擁護になっていないんですよ。どちらもね。



「同じ論調を広めて同じジャッジを二度と佐々木朗希に出させないようにする」が、佐々木朗希ファンの目標なわけで、ちょっと強引ですよね。


たまさか、球審とやらが、佐々木朗希をジャッジしてやったぜ俺な人であっても、さすがに退場させるでしょう。


本来なら退場させてもおかしくないとか思うのは勝手ですが、実際に注意で終わってるんですよね。


僕的には、監督の発言ががっくりきました。僕も佐々木朗希を注目応援していますが、世間に佐々木朗希ファンが先鋭的だと思われても一切いいことはありませんよ。


菅野とか他のピッチャーがしている派もいますが、佐々木は修正可能ですが、菅野の年齢だとちと修正は難しいですよ。




佐々木朗希をいじめたように見える球審は、次の試合では、相手のミスに気づくかもしれない。審判一人に佐々木朗希どころか球団が嫌われるのは得策ではないです。






スポンサーサイト



統合失調症でもクレジットカードは作れるの?


統合失調症でも、クレジットカードは作れます。


特に障害者というだけで追い出すようなことはしません。


普通の社員はもちろん、就労継続支援A型や障害者雇用枠であれば、クレジットカードは作れる場合があります。


クレジットカードは、組織に勤めて、安定した収入がある場合なので、統合失調症以外の障害者も、就労継続支援A型でも作れてしまうのが現状です。


ただ、認知症や統合失調症の場合は、成年後見人制度がありますので、登録されてしまうと、勝手に作ったクレジットカードは取り消されます。


統合失調症というだけで審査に落ちるわけではないし、統合失調症だと言わないことも可能です(持病などの書き込み欄があれば別ですが)。


統合失調症、独り言


統合失調症は寛解しました。


それはいいです。


問題は、心の中の声が独り言状態になっています。


妄想とかいう類いではなく、「なんでやねん」「違う違う」と自分自身にツッコミを入れてしまうのです。


それも、統合失調症になる前はまったく無かったので寛解を疑うレベルでした。


それで妄想が途中で中断されてしまうんです。


「そんなことあるわけないだろ」


と、統合失調症時代とは真逆のことを言ってしまいます。


正常なのでしょうが、僕的には圧倒的な鬱陶しさでした。


食事中に繰り返されます。


独り言を言ってる。と言われるまで気づかないことはありませんが、これはこれでつらいです。


独り言の頻度が多くなりました。これは僕なりの再発防止策なのでしょう。


統合失調症、「罪業妄想」

ブログタイトルでは、「妄想できない男性」と書いてありますが、「罪業妄想」には散々な目に遭いました。


自分が罪を犯している、または、自分が世界に悪い影響を与えていると思い込む妄想です。


僕は、一切罪を犯していません。法律的にも犯罪として立件されたことはないです。


車で言えばゴールド免許並みの存在です。


罪業妄想によって、ギロチンや断頭台の幻覚を見ることになり、拘束幻覚も発生しました。


知っている罪ばかり流れてきます。時には知らない創作犯罪まで妄想しました。


しかも、「統合失調症本人は妄想をしたくない」のです。


自動的に強制的に発想される妄想に対して、僕は、自分の精神を守る手段にでます。


罪業妄想を押さえ込むのには苦労しました。何せ、僕が思っていなくても自動的に出てくるのです。


思考乱調による罪業妄想を押さえ込むためには、脳内再生を強引に切り替えるしかないのです。


自動的妄想VS自動的妄想によって打ち消される罪業妄想。次第に罪業妄想は、終わりました。そして、妄想できない男性になってしまいます。

統合失調症、知床遊覧船事故に心痛める

安心、安全に。


今回事故にあった「知床遊覧船」もそう謳っていたことでしょう。


旅行先のレビューはしません。

僕は、いざとなっても責任をとれないからです。


ここがいいよ、と紹介したら一週間後に事故ったなんて寝覚めが悪いじゃないですか。だから、レビューはしません。


そんでもって、この遊覧船はレビューに紹介されています。書き込みした人は寝覚めが悪いかもしれません。


まさか、自分が勧めた乗り物が事故るなんて考えたくもありませんが、レビューやライターというのは、そんなデメリットがあります。


「お前が紹介したから行ってみたら事故にあった」とか言われたら嫌でしょう。


そういう責任を持ちたくないんで、旅行関係のレビューやアフィリエイトは致しません。


今回、この遊覧船をレビュー紹介した人たちは、どんな気持ちなのでしょう。


これで紹介して平然といられたら、人間味がないですね。




プロフィール

阿波部麻比呂(あわべ・まひろ)

Author:阿波部麻比呂(あわべ・まひろ)









にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






2019年に「統合失調症」を寛解した33歳男性のブログです。

長い妄想ができなくなり、小説家を断念しました。

現在は、普通の人と同じように動けるようになり、見た目も統合失調症には見えません。

統合失調症は、幻聴も聴こえなくなりました。

ただ、後遺症として「多飲症」寸前に陥っており、毎日水と麦茶を飲みます。文章が拙いかもしれませんが、ドシロなものですみません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR